一人暮らしに最適な広さ

 

一人暮らしに最適な広さとは?

 

憧れの一人暮らし、おしゃれな家具をレイアウトして、好きな色のカーテンをつけて…と、夢はどんどん膨らみます。しかし、具体的になってくると100%、夢を実現するのは難しいことに気がつきます。

 

お金の問題もありますし、部屋の広さにも限りがあります。では、一人暮らしの理想的な部屋の広さはどれくらいでしょう。

 

よほどお金に余裕がある方は別として、一人暮らしを初めてする場合、だいたいワンルームか1K、1DKくらいをめやすにマンション探しをするのではないでしょか。

 

もちろんワンルームタイプでも1Kタイプでも、とてつもなく広い物件はあります。ここでは、ごく平均的な一人暮らしの方に向いた広さについて考えてゆきたいと思います。

 

ワンルームは、多くの物件が8〜10帖にキッチンがあり、ユニットバスとトイレがセットで配置されていることが多いようです。さらにバルコニーや物入れがついていれば、収納として利用できます。

 

キッチンスペースが部屋と一緒というのは、料理をする人にとってはちょっとツラいかもしれません。
ちなみに、専用の洗濯機置き場があるワンルームはあまりないかもしれません。コインランドリーが近くにあればいいのですが、自分で洗濯したい人は要チェックです。

 

 

1Kタイプはワンルームタイプからキッチンが独立した部屋というと想像しやすいです。
このタイプはトイレや洗面台なども独立していることが多く、きちんと生活をしたいと思っている人や社会人などが選ぶようです。新婚カップルが最初はこういった1Kからスタートするとも聞きます。ただし、ワンルームタイプより増しというだけで、キッチンスペースが狭い、収納が少ないというのはワンルームとあまり変わりません。

 

1DKは1kに食事をするスペースをつけたという感じです。ダイニングキッチンがあることで、もう一つの部屋は独立していますから、他人の目にふれないようにすることができます。ダイニングというとちょっとした応接間的な使い方ができるものと、食卓テーブルがやっと置けるというものがあるので、広さによっては使いづらい部屋になってしまうことがあります。

 

一人暮らしならワンルームでも充分なようですが、どういった生活をするのか、自炊派か外食派か布団かベッドかなど自分の生活スタイルに合った広さを選択することが、快適な一人暮らしにつながります。

不動産会社を選ぶ

初めての一人暮らしで部屋選びに困っていると、親切に対応してくれる不動産会社の営業マンが頼もしく見え、ついいいなりになってしまうということがあります。
こちらは、1KもCLもなんのことだか分からない世間知らず、相手はバリバリの営業マンなら上手にいいくるめて、さっさと契約させてしまうことは簡単です。

 

高い仲介手数料やわけのわからない事務手数料まで払ってしまう、その上借りた部屋はよく見ると欠陥が目立つというようなハメにならないよう、悪徳不動産会社に引っかからないようにしなければいけません。

 

まず、担当営業マンはこちらの要望をしっかり聞いてくれるかどうかを確かめましょう。適当に聞いている雰囲気を感じたら、もうそれ以上相談する必要はありません。さっさと切り上げて他の業者に当たってみましょう。自分のために一生懸命になってくれることが重要です。

 

デメリットを正直に伝えてくれることも大切です。良い所と悪い所をきちんと説明でき、その上でその対処法などのアドバイスをくれる営業マンは信頼できます。

 

また、住みたいエリアの雰囲気や、お店、公的施設など、その町の様子を聞いてみましょう。営業マンによっては、全く知らない人がいます。そういう営業マンがいる業者はNGです。

マンションとアパートはどう違う?

マンションとアパートってどこが違うの?と、思っている方はいないでしょうか。
公取規約で定める基準としては、

 

『マンション』
鉄筋コンクリート造りその他堅固な建物であって、一棟の建物が、共用部分を除き構造上、数個の部分い区画され、各部分がそれぞれ独立して居住の用に供されるものをいう。とあります。

 

『アパート』
マンション以外の建物であり、各住戸ごとに居住の用に供するための賃貸する物をいう。とあります。

 

ようするにマンションは鉄筋コンクリート造りで、アパートは木造でもよいということのようです。法律的にはあまり区別はないらしいというのが実態です。
なので、木造のアパートでも「○○マンション」と名前をつけているところもあります。反対にマンションでも「○○アパートメント」などとオシャレな名前をつけているところもあります。

 

一般的に「アパートに住んでる」というより「私の家はマンションです」と言った方がなんとなく良い印象を与えるだろうという理由からマンションにしている建物も多いようです。