賃貸マンションの契約

 

賃貸マンションの契約について

 

入居する部屋が決まったら、申込書に記入をします。不動産会社によってはその時に預り金を支払うシステムがあります。契約後には返金されます。
申込書には住所・氏名・収入・勤務先・保証人などについて記入し、それを元に大家さんが審査します。

 

審査の基準は、本人の職業や勤務先、勤続年数、本人や保証人の収入などを重視します。家賃が滞納されることがないかどうかが重要事項だからです。なので、無職であったり、フリーターだったり、転職を繰り返しているというような場合は審査が通らないこともあるようです。

 

学生の場合は連帯保証人となるご両親が審査の対象になります。ようするに毎月の家賃をきちんと払うことができるかどうかの審査だと思ってください。

 

次に部屋の説明(重要事項説明)があり、契約書を取り交わします。もし、借りる部屋のことで疑問に思っていることがあるなら、この時が質問するラストチャンスです。ここで確認しておかないと今後の生活に不都合が出てくる可能性があります。

 

契約書の内容を納得し、署名・捺印を済ませたら、引き渡しとなります。支払をし、契約書・領収書・預かり証・鍵を受け取って終了です。

 

できたら室内の汚れやキズを、管理会社や大家さんの了解をとって写真撮影しておくといいでしょう。退去する時には原状に戻すことが条件である場合、元々あったキズは対象となりません。敷金返還のために日付入りの写真を撮影しておきましょう。

 

 

一人暮らしを始めるまでには、たくさんのプロセスがあります。

 

・希望条件に合った部屋を探す
・気に入った部屋が見つかったら、不動産会社に連絡をして実際に部屋を下見する
・いくつかの部屋を比較検討して決める
・申込をして審査を受ける
・契約をする

 

ざっとここまでのプロセスで契約となります。
契約時は必要書類と前家賃などのお金を用意して不動産会社へ出向きます。
契約は内容をしっかり確認してから署名・捺印しましょう。

 

契約内容は、
・家賃の支払い日と遅延について
・部屋から退去する場合のこと
・退去時の敷金の返還について
・禁止事項(ペット不可)や(ピアノ不可)などの確認
・特約事項(借主に不利な内容が記載されていないか確認)
・契約期間
・契約更新にかんする事項
・家賃の変更
・故障や破損の修理義務について
・その他家賃や物件の名称、所在地、部屋番号、管理委託先の連絡先

 

などが記載されているので、目を通して疑問なことがあったら聞いておきましょう。