部屋探しの方法

 

部屋探しの方法

 

一人暮らしを始めるには、まず部屋探しを一番最初にしなければいけませんが、昔は部屋を探す方法としては、不動産会社に足を運んで自分の希望条件に合った部屋をいくつか紹介してもらうという方法です。

 

この方法だと、1軒の不動産会社だけでは、希望の部屋にたどりつくことは難しいので、複数の不動産会社に足を運ばなくてはいけなくなり、結局、希望条件をどんどん下げてしまうことになる可能性があります。

 

最近では業者同士で情報を共有し、紹介し合うシステムをとっている不動会社が多くなっていますから、便利になったといえ、それにも限界があります。

 

そもそも引っ越し先が遠方であれば、部屋探しに何度も行くことが難しいので、希望に合わなくても適当な部屋で妥協してしまうことになります。

 

今は住宅・賃貸情報誌がコンビニなどの店頭に置かれていたりしますから、たくさんの物件を見ることができます。しかし、この方法の難点は情報誌が発売されたときんはすでに良いと思った物件が契約済みだったりします。

 

インターネットでの一括検索なら上記の方法のようなデメリットをカバーできる方法としておススメします。

 

ネット上では個々の不動産会社が運営するホームページがありますから、それを参考にしたり、そのホームページのサイトから希望に合った部屋を探すことができます。
しかし、複数の業者のホームページを見るとなると足を運ぶより少し増しというぐらいで大変な作業になってしまします。

 

そこで一括検索を利用すると、希望に合った部屋を短時間でいくつか検索することができます。そこから興味がある物件の業者にアクセスして実際に見に行くことになります。これなら、忙しくて不動産会社に足を運ぶことができない人は、何度も行かなくてもいいので助かります。

 

部屋探しをするには、ネット上の情報サイトを有効に活用することが、希望の部屋にたどりづく最善の方法だといえます。

部屋の内見時に注意すること

気に入った部屋を実際に見せてもらうことになった時には、漠然と見るのではなく、不動産会社で見せてもらえる図面などに間違いがないか、営業マンの言ったことがオーバーではないかなどをきちんと確認しましょう。

 

営業マンによっては、部屋の状態などをオーバー気味に「○○は新品です」とか「バルコニーはとても広い」「収納は○ヵ所もある」などと言ったりします。実際は少しづつ違っていたりすることがあります。じっくり時間をかけてチェックすることが大事です。そして疑問に思ったことはその場で指摘して納得のいくまで説明を求めることが大切です。

 

窓から見える外の状態や景色、日当たりや、音などもよく見て聞いて、実際に自分がここで快適な生活が送れそうかどうかを、じっくりと考えるようにしましょう。

 

その場でイエス、ノーの判断をせず、他の物件も見てから判断するようにしましょう。
ただし、結論をだす期限を言われることもあります。他にもこの部屋に興味を示している人がいる場合は、結論を早くださなければなりません。

 

複数の物件の中から自分の希望に近いものを選ぶためには、何かを切り捨てなければならないことがあります。希望が全部叶うことはほとんど無いと思っていいでしょう。