転居の準備(転出手続など)

 

転出手続と転入手続について

 

一人暮らしに限らず、違う都道府県に引っ越す場合にしなければならないことは、「住所変更」です。
今まで住んでいた住所地から「転出」して、新しい住所地に「転入」するのです。

 

引っ越し前に役所で行う手続きの「転出届」は、現住所地の市区町村の役所で手続きを行います。このとき、本人確認のための運転免許証やパスポートなどの提示を求められることがありますからあらかじめ用意しておきましょう。

 

この手続は本人以外でもできますが、家族以外の人が代理人として行う時は委任状や代理人の印鑑が必要となります。

 

こうの手続きをすると「転出証明書」が発行されます。同じ市区町村内のでの引っ越しの場合は、役所に「転居届」を提出するだけです。

 

国民健康保険の脱退手続をします。国民健康保険はその住所地の管理下ですから、脱退して新しい住所地で加入手続きをします。

転居したら(転入手続など)

引っ越しがすんだら14日以内に新住所の市区町村の役所で「転入届」の手続きを行います。引っ越し前に貰った「転出証明書」と印鑑が必要ですから忘れないようにしましょう。

 

国民健康保険と国民年金の加入手続きをします。国民健康保険は加入するのを忘れると医療費を全額自費負担になってしまうので、忘れないようにしましょう。
国民年金は引っ越し先の市区町村の役所に年金手帳を提示して住所変更の手続きをします。

 

国民健康保険と国民年金の手続きは、会社員や公務員は厚生年金、共済年金に加入しているので勤務先が手続きをしますから、学生や自営業者がこの手続をします。

 

その他、自動車運転免許証の住所変更もしておきましょう。
また、公共料金などの住所変更も行います。